アマリリス – ユリの花に似ている?真っ赤な大輪を咲かせる晩春から初夏の花

アマリリス - ユリの花に似ている?真っ赤な大輪を咲かせる晩春から初夏の花

季節が移り変わり、日差しが徐々に強くなりはじめる4月下旬ぐらいから、庭の花壇や鉢植えなどで真っ赤な 15~20cm ほどの大輪の花を咲かせる「アマリリス」。

ユリにとても似ているので、子どもの頃は百合の花だと思っていました。

アマリリスは、熱帯の植物なので、暑さに強く寒さに弱い球根植物。春咲き・夏咲き・秋咲きの品種があり、冬以外のスリーシーズン楽しめる園芸花です。

鉢植えでも立派な花を咲かせてくれるみたいです。

アマリリスのデータ

アマリリスの花

鮮やかに紅い大輪の花

アマリリス「花・茎・葉」

アマリリス「花・茎・葉」

花の名前 アマリリス
何科? ヒガンバナ科
原産地 南米
開花時期 4月~6月(春咲き)
10月~11月(秋咲き)
備考 赤い花をよく見かけるが、
赤以外に白・ピンク・複色がある。
暑さに強く寒さに弱い花

アマリリスは、茎が太くて花びらは厚みがあって丈夫で倒れにくく、鮮やかな色&大輪のゴージャスな見た目と相まって園芸用として人気の高い花。

私は、玉ねぎサイズの球根の大きさに初めて見た時には驚きました。

今回は、春・夏・秋とスリーシーズン楽しめる色鮮やかな大輪の花「アマリリス」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です