ヒナギク – 春に野原で白い可憐な花を咲かせる別名デイジー

ヒナギク(野生種)

春になると野生種なら白い一重咲きの花。園芸品種ならピンクや赤い八重咲きの花を咲かせる「ヒナギク」。別名「デージーやデイジー」と呼ばれて親しまれているキク科の花。

原産地で自生地のヨーロッパではごく当たり前にそこら辺で生えている雑草扱いなんだとか・・・日本で言うハルジオン的な感じか? 花も似ているし・・・。

日本の場合は帰化した野生種(白い花)の他に園芸種があり、それは赤やピンク、サーモン色の花を咲かせ主に八重咲きのものが一般的でしょうか。

暑さに弱いらしく日本では春限定のヒナギクさんです。

ヒナギク(デイジー)のデータ

ヒナギク(野生種)

ヒナギク(野生種)

咲き乱れるヒナギク

咲き乱れるヒナギク

ヒナギク(園芸種)

ヒナギク(園芸種)

花の名前  ヒナギク
何科?  キク科
原産地  ヨーロッパ
開花時期  3月~5月
備考  別名:デイジー、デージー

ヒナギクは、「ハヤテのごとく!」というアニメ / 漫画 にて、同名の主要キャラがいることでヒナギクという名称は違う意味で知れ渡っています・・・

「ヒナギク」と検索をかけるとそのキャラクターばかりがヒットして困ります(笑)ヒナギクは「デージー」で検索した方が良いのかもしれませぬ。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です