ツルニチニチソウ – 春に紫色の花を咲かせる 花びらはひし形で5枚

ヒメツルニチニチソウ

春になると野生でも、庭などでもチラホラ見かける紫色の花。どことなくひし形に見えなくもない5枚の花びらが特徴のツル性植物。名前を「ツルニチニチソウ」と言います。

よく見かけるツルニチニチソウには2種類あり、葉っぱが白く縁取られている「ツルニチニチソウ」と葉っぱの縁取りがない「ヒメツルニチニチソウ」があります。花に差異はありません。

野生でも見られますし、観賞用で庭などでも見られる万能な子です。

ツルニチニチソウのデータ

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウ

ヒメツルニチニチソウ

ヒメツルニチニチソウ

花の名前  ツルニチニチソウ
何科?  キョウチクトウ科
原産地  北米・南米・豪州
開花時期  3月末~5月くらい
備考  葉に白い縁取りが無い方は
ヒメツルニチニチソウ

今回は、春にムラサキの花を咲かせる「ツルニチニチソウ」を紹介いたしました。

撮影カメラ:EOS Kiss X シリーズ(X4)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です