ハコベ – 春の野原、足元に数ミリの小さい白い花を咲かせる野草(雑草)

ハコベの白い花

空き地や野原、田畑のあぜ道などで白くて小さい可愛い花をみかけることがあります。

そのたった 4~5ミリの白い花は、春の訪れを知らせる “春の七草” のひとつで「ハコベ」といいます。

ハコベは、春の七草なのですが、夏と秋にも開花がみられます。しかし、ハコベは春の季語にもなるくらいしっかり春の花しているので、本記事では春のカテゴリだけにいれることにします。

道端に咲くハコベは本当に可愛らしく、春が良く似合うと思うのです。

花びらは大体どれもきっちり10枚に見えますが、実はハコベの花びらは5枚です。1枚の花びらが裂けていて2枚に分かれているので10枚の花びらがあるように見えるだけなのです。

ツボミは長丸で沢山の毛が生えています。ハコベかどうか迷ったら花の近くにあるツボミを見てください。

ハコベのデータ

ハコベの白い花

ハコベの白い花

群生しているハコベ

群生しているハコベ

花の名前  ハコベ
何科?  ナデシコ科
分布  日本全土
開花時期  3月~10月くらい
備考  春の七草のひとつ

というわけで、今回は春の七草のひとつ「ハコベ」を紹介いたしました。

撮影カメラ:EOS Kiss X シリーズ(X4)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です