ネモフィラ – 春、空色とも瑠璃色とも言える美しい青い花を咲かせる

ネモフィラの花

春になると庭先でちょこちょこ見かける花びら5枚の青い花。爽やかな白と瑠璃色のコントラストのその花は「ネモフィラ」といいます。和名は「ルリカラクサ(瑠璃唐草)」。

ネモフィラの花は2cmくらい、茎と葉っぱに柔毛があります。若干ノースポールに葉っぱがにているでしょうか。

園芸用のネモフィラには様々な種類があり、種類によって色も違います。白&黒や白に斑など多彩です。しかしなんといってもこの青色のネモフィラがキングオブネモフィラだと個人的には思います。

青いネモフィラは「ネモフィラ・インシグニズブルー」という超格好良いオシャレな品種名がついています。

見頃のピークはゴールデンウィーク手前という説と5月半ばまではOKという説とがあり、個体や環境によって多少の差異があるのでしょう。

「国営ひたち海浜公園」のネモフィラハーモニーが有名で、GW手前あたりが見頃のピークらしいですよ。

ネモフィラのデータ

ネモフィラの花

花の名前  ネモフィラ
何科?  ムラサキ科
原産地  北米
開花時期  3月~5月
備考  和名:ルリカラクサ(瑠璃唐草)

ネモフィラは、茨城県「国営ひたち海浜公園」のネモフィラハーモニーが有名です。興味があればぜひ時期に足を運んでみては如何でしょうか。上も下も青空という景観です。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です