ナニワイバラ – 春から初夏、大輪の真っ白な花を咲かすバラの仲間

ナニワイバラ(チェロキーローズ)

ゴールデンウィーク手前くらいから低木に大きな白い花を咲かせる「ナニワイバラ」。あまりバラっぽく見えないが正真正銘バラ科のナニワイバラ。

庭木でもみられますが、ぼくの住む地域では山野でもみられます。

ナニワイバラはツル性で、ギザギザの葉っぱで枝以外にも花の萼(がく)に棘がありバラの特徴があります。花はちょっとバラっぽくなく、ぱっと見一瞬白いツバキにまちがわなくも無い気がします。

葉っぱはバラらしく光沢があります。

真っ白い花は大輪で中央は鮮やかな黄色。とても美しい花です。

和名の由来は、江戸時代大阪の難波(なんば)の植木屋から広まった説と、同じく難波の商人が輸入して広めたという2つの説がありますが、どちらも大阪ネタなので「ナニワイバラ(浪速茨)」ということです。

因みに英名は「チェロキーローズ」とうって変わってお洒落(笑)

ナニワイバラのデータ

ナニワイバラの花

ナニワイバラの花

野生化したチェロキーローズ

野生化したチェロキーローズ

花の名前  ナニワイバラ
何科?  バラ科
原産地  中国、台湾
開花時期  5月~6月
備考  英名:チェロキーローズ

今回は晩春から初夏に花咲く「ナニワイバラ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です