マツバウンラン – 春、細長い茎を伸ばし薄紫色の花を咲かせる野草

マツバウンラン

春になると野原や空き地の地面から細く長い茎がピヨ~ンと伸びて重そうな薄紫の花を咲かせている雑草「マツバウンラン」。

名前の由来は花がウンランに似ていて葉っぱが松葉に似ているためこの名がつきました。

繁殖力が強い雑草なので草刈りなどで駆除したあとそのままにしておくと再び増えるらしいです。草刈りしたらゴミ袋にいれてしっかり処理しましょう。

まあ雑草は総じて繁殖力が強いので気をつけたいですね。

マツバウンランのデータ

マツバウンラン

マツバウンランの花

群生するマツバウンラン

群生するマツバウンラン

花の名前  マツバウンラン
何科?  ゴマノハグサ科
原産地  南米
開花時期  4月~5月

春に細長い茎を伸ばし薄紫色の花を咲かせる野草「マツバウンラン」を紹介しました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です