ボタン – 『牡丹』大きく美しい白・赤・ピンク・黄色の春の花で切れ込みの葉っぱ

牡丹の花(ボタン)

春になると直径 20cm にもなる大輪の花を咲かせるボタン(牡丹)。別名「二十日草・深見草・名取草」その他にもたくさんの別名があります。

ボタンは日本に古くから在り、一説では奈良時代に中国から渡来したといわれています。

花色が豊富で、白・赤・ピンク・黄・オレンジなど多岐にわたります。大きい花と豊富な花色で観賞用として広く栽培されています。

ボタン(牡丹)のデータ

大輪のボタンの花

大輪の花を咲かせる

ボタンの葉

切れ込みがある葉

花の名前 ボタン(牡丹)
何科? ボタン科
原産地 中国
開花時期 4月中頃~GWくらいまで
備考 近縁種に5月~6月の初夏の花
「シャクヤク(芍薬)」があります。

原産地の中国では「国花」に指定さていて、新年を祝う花などで重用されてきた花です。

ボタンは植栽用の鑑賞花なので、主に庭や公園などで観られます。品種名が「花王(かおう)」「白王獅子(はくおうじし)」「大極殿(だいごくでん)」など、ちょっと格好良いものばかりです。花界の錦鯉的な感じ?

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です