ノアザミ – 晩春から夏にかけてウニみたいなピンクの花を咲かせる

ノアザミ(野薊)

5月のGWが終わるくらいから、山道や雑木林で見かけるようになるピンク色のウニみたいな花。この花は「ノアザミ(野薊)」という名前の花。

以前紹介した「キツネアザミ」などアザミ系はいくつかありますが、春から夏にかけて花が咲くのはこの「ノアザミ」だけです。

ノアザミは、春の山野でよくみられる多年草で、晩春から夏にかけて開花します。ぼくはこのノアザミを見かけると「あ~Tシャツださなきゃ~」って思います(笑)

ノアザミの葉っぱはギザギザしており、葉っぱの先端や花の萼には鋭いトゲがあります。花以外の見た目は「ノゲシ」によく似ています。

よく似た近縁種には春咲の「キツネアザミ」と夏咲の「ノハラアザミ」があります。前述した通り、春から夏にかけて2シーズン花が咲くアザミはこの「ノアザミ」だけです。

ノアザミ(野薊)のデータ

まるでウニのようなノアザミ

まるでウニ

ノアザミの全体

ノアザミの全体

花の名前  ノアザミ(野薊)
何科?  キク科
分布  本州、九州、四国
開花時期  5月~8月
備考  アザミ系で唯一?春と夏2シーズン咲く

というわけで晩春から夏にピンク色のウニみたいな花を咲かせる「ノアザミ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です