セキチク – 春、ピンクのギザギザの花を咲かせ竹に似た葉をつける

セキチクの花

春に花壇やプランターなどでよく見られる、ギザギザの花びらと竹に似た葉っぱが特徴の「セキチク」。花の色が赤、白、ピンク、混合と鮮やかなためガーデニングにはなかなか人気のスプリングフラワー。

園芸用は「セイヨウセキチク(西洋石竹」と呼ばれているらしいです。

日本では平安時代からすでに栽培されていてサンズンセキチク(三寸石竹)やゴスンセキチク(五寸石竹)などが古来日本からのセキチクだそう。

品種がとても多いため、本記事ではひっくるめて「セキチク」として紹介します。

セキチク(石竹)のデータ

セキチクの花

セキチクの花

竹の葉に似ているセキチクの葉

セキチク(引き)

花の名前 セキチク(石竹)
何科? ナデシコ科
原産地 中国
開花時期 4月~5月
備考 園芸用はナデシコとの
交配種も出回っている

掲載画像は筆者の自宅にあるプランターに咲いていたセキチクで、種から苗を育てるのが簡単なことと、父がこの花を好きなので毎年玄関先で花を咲かせています。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です