ニワゼキショウ – 春から初夏、公園や空地に紫や白の花咲く萼の黄色い野草

ニワザキショウの花

4月の終わりくらいからでしょうか、空き地や公園の片隅などで紫色の小さな花が咲き始めます。細い茎が長く伸びて一輪咲きのたたずまい。

花の中央と萼(ガク)が黄色いのが特徴。

この花の名前は「ニワゼキショウ」。

ニワゼキショウは花びらが6枚で、花の中央と萼(がく)の部分が黄色く、細長い茎が長く伸びてひとつの茎に花が1個の一輪咲きです。花の大きさは1.5~2cmくらいでしょうか。

ニワゼキショウには白色の花を咲かせるタイプもあります。

ニワザゼキショウのデータ

ニワゼキショウの額は黄色い

萼が黄色いのが特徴

ニワゼキショウ(白)

白い花のタイプ

花の名前  ニワゼキショウ(庭石菖)
何科?  アヤメ科
原産地  北米
開花時期  5月~6月
備考  別名:ナンキンアヤメ

個人的には白花の方が好きですね。萼の黄色とのコントラストが良く、上からよりもナナメ横から観る方が綺麗だと思っています。

筆者も利用しているおすすめの花図鑑

散歩の花図鑑

道ばたや庭先、ちょっとしたハイキングなどで見かける草花、園芸植物の花を中心に、写真とイラストを多用して紹介。散歩中に持ち歩けるポケットサイズ。「この花、なに?」がすぐに解決できるよう、季節&色別の写真入り目次付き。花の特徴や似た花との見分け方など、写真ではわかりにくいことはイラストで解説。

散歩の花図鑑(Amazon)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: