イヌタデ – 夏から秋、ピンクの花とお菓子みたいな実をつける野草

イヌタデの実

秋に野原や空き地を見渡すとまるでお菓子みたいにピンクの花や実をいっぱいつけた小さな野草をみつけることができます。その可愛らしい野草は「イヌタデ」。

イヌタデの葉っぱは楕円形で互い違いに生えています。花は本当に小さいので見るのが大変ですが花びらは5枚のとても可愛らしい花です。

子供の頃おままごとで泥のご飯の上にバラバラにしたイヌタデの実を蒔いてふりかけご飯とかやってたな・・・良い思い出です(笑

※のデータ

イヌタデの花

イヌタデの実

イヌタデの実

花の名前  イヌタデ
何科?  タデ科
原産地  中国、朝鮮半島、ヒマラヤなど
開花時期  7月~10月
備考  開花時期は2シーズン

イヌタデは、秋に印象が強い実が成るのですが、花は夏から秋にかけて咲くので夏の花カテゴリにもいれておきます。

筆者も利用しているおすすめの花図鑑

散歩の山野草図鑑

道ばたや河原、ハイキングなどで見かける山野草を開花順に紹介。花・果実の色で引ける写真もくじ付き。花や果実などの特徴がわかるよう、写真とイラストを多用して解説します。散歩中に持ち歩けるポケットサイズ。

散歩の山野草図鑑(Amazon)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: