アメリカフウロ – 春から秋にかけ足元に淡いピンクの小さい花が咲く

アメリカフウロ

花びらは5枚、ピンクの小さな花を咲かせよもぎのような葉っぱをつけた「アメリカフウロ」。漢字で書くと「亜米利加風露」…暴走族の特攻服に書いてある漢字のよう(笑)

春になると道ばたや田畑のあぜ道、空き地などで見かける雑草です。花は初秋まで観ることが出来ます。花は小さく小指の爪くらいの大きさでしょうか。かわいい薄ピンクの花を咲かせます。

なんでも昭和初期に京都の伏見区で初めて発見された雑草らしいです。現在では本州~九州まで分布しています。どのような経路で広まったんだか。

葉っぱがヨモギっぽくもありキクっぽくもある・・・そんな特徴があります。

アメリカフウロのデータ

アメリカフウロ

アメリカフウロの花

アメリカフウロのヨモギっぽい葉っぱ

ヨモギっぽい葉っぱ

花の名前  アメリカフウロ
何科?  フウロソウ科
原産地  北米
開花時期  4月~9月
備考  漢字表記:亜米利加風露

今回は、亜米利加風露の紹介でした。夜露死苦!

撮影カメラ:EOS Kiss X シリーズ(X4)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です