フランスギク – 春に野原や河川敷などで咲き園芸用としてもみかける白い花

フランスギクの花

春に野原や河川敷などに自生していたり、庭で園芸用としてもみかける白い花「フランスギク」。葉っぱや花がノースポールににているので間違われてしまうこともあるようです。春はこの手の花が多いですからね!

フランスギクの葉っぱはギザギザでノースポールとよく似ています。また花もこれですから間違うのも無理ありません。しかし、決定的に違うところは花の大きさです。

フランスギクは花の大きさが4~5cmほどと大きいのに対してノースポールは2~3cmほどとフランスギクよりも二回りくらいは小さいです。

もともと園芸用として日本へ入ってきましたが、繁殖力が強いため野生化しています。

フランスギクのデータ

フランスギクの花

フランスギクの花

フランスギクの蕾と葉

フランスギクの蕾と葉

花の名前  フランスギク
何科?  キク科
原産地  ヨーロッパ
開花時期  4月~5月
備考  ノースポールとよく似ている

ぜひノースポールと両方比べてみてください。というわけで春の花「フランスギク」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です