ノースポール – 春に白い花を咲かせるキクの仲間(マーガレットに似ている)

ノースポール(カンシロギク)

春になると庭先などでよく見かける「スタンダードな美しさ」を感じる白い花「ノースポール」。マーガレットと非常に似ているためよく間違われます。

マーガレットとの違いは、ノースポールの方が花が小ぶりで、ひとつの株に花が多く咲きます。最大の違いは葉っぱです。ノースポールの葉っぱはギザギザしています。マーガレットの葉っぱはもっと菊っぽいです。

株全体を白い花が覆い真っ白に見え「北極」を連想させるため「ノースポール」と名付けられたとか。和名の「カンシロギキ(寒白菊)」もやはり雪を連想するからでしょうね。

※のデータ

ノースポール(カンシロギク)

ノースポールの花

ノースポールの株全体

ノースポールの株全体

花の名前  ノースポール
何科?  キク科
原産地  アフリカ、ヨーロッパなど
開花時期  3月~6月
備考  和名:カンシロギク(寒白菊)

今回は、「スタンダードな美しさ」を感じる春の白い花「ノースポール」の紹介でした。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です