ガーベラ – 春と秋に真っ赤な花を咲かせるタンポポに似た花

真っ赤なガーベラの花

春に散歩をしていると畑のわきで「赤いタンポポが咲いているっ!」と驚いたことはないでしょうか? ぼくはあります(笑)

葉や茎がタンポポとそっくりなその花の名は野生の「ガーベラ」です。

ガーベラは春と秋に開花し、夏の間は静かにしています。

機動戦士ガンダム0083のシーマ様の愛機でお馴染み「ガーベラ・テトラ」の名はこの赤いガーベラの花からとられました。(ガンダム知らない方はスイマセン)

実は、このガーベラさん、園芸用に品種改良されていて、園芸用は、赤・ピンク・白・緑・オレンジ・黄色と彩色が豊富です。

本ブログではできるだけ野草を紹介したいため、よくみられる野生種の赤いガーベラにスポットを当てて紹介しています。

ガーベラのデータ

野生のガーベラは茎と葉がタンポポとそっくり

茎と葉がタンポポそっくり

園芸観賞用

園芸観賞用

花の名前  ガーベラ
何科?  キク科
原産地  南アフリカ
開花時期  3月~5月
9月~11月
備考  別名:オオセンボンヤリ

今回は春と秋に真っ赤な花咲く「ガーベラ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です