オオイヌノフグリ – 青い小さなかわいい花を咲かせる春を知らせる花

オオイヌノフグリ

早ければ、2月の終わりくらいから咲き始める「春の訪れを知らせる」小さな可愛い花「オオイヌノフグリ」。

空き地や駐車場、田んぼや畑と様々な場所で、足元に青い小さな花を沢山咲かせています。この花は日本人なら絶対に見たことがあるはずです。

オオイヌノフグリは、日本固有種の「イヌノフグリ」に似ているのでその名がつけられました。外来種です。

固有種のイヌノフグリの種が犬のキン○マに似ているのでイヌノフグリ…と可憐な花を咲かせるのにちょっとアレな由来。昔の人のネーミングセンスはちょっとクレイジーです。

オオイヌノフグリのデータ

オオイヌノフグリ

花の名前  オオイヌノフグリ
何科?  オオバコ科
原産地  ヨーロッパ
開花時期  2月~4月
備考  明治から日本へ入り帰化した外来種

というわけで、春を知らせる花「オオイヌノフグリ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です