ローズマリー – ハーブでお馴染みの香りが強い花で春夏秋と楽しめる

ローズマリー

肉料理の香りつけに利用したり、フラワークラフトに使ったり、虫よけや入浴剤などに用いられる素晴らしく実用的なハーブ「ローズマリー」。

春先から秋まで薄紫色の花を咲かせます。とても丈夫なのでほぼ一年中採取してハーブとして利用することができます。

ローズマリーは樹木の部類に入ります。葉っぱを揉み込むと強い匂いがつくのですぐにわかります。また花の色は紫系ですが、品種によって若干濃淡が変わってきます。

古代から薬用にもちいられ、現在でも様々な薬効から珍重されているハーブです。ネット通販などでも「ローズマリー配合」のような文句が記載されている商品が多く販売されていますよね。

花はあまり目立ちませんが秋まで楽しめます。

※のデータ

ローズマリー

ローズマリーの花

ローズマリー別タイプ

ローズマリー別タイプ

花の名前  ローズマリー
何科?  シソ科
原産地  ヨーロッパ
開花時期  2月末~10月
備考  和名:マンネンロウ

今回は春から秋に花咲く「ローズマリー」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です