コメツブツメクサ – 春から夏にかけクローバに似た黄色い花を咲かせる

コメツブツメクサの花

野原や河原などでよくみられる雑草「コメツブツメクサ」。

黄色い花はシロツメクサ(クローバー)に似ているが全体的に小さいことからその名前がついたそうです。

コメツブツメクサはコメツブウマゴヤシとよく間違えられます。ぼくもなかなか見分けることはできませんでした。

簡単な見分け方は種の付き方です。コメツブツメクサのほうは茶色い種ができ、コメツブウマゴヤシは黒い種ができます。

咲いている時の見分け方は、コメツブツメクサにくらべてコメツブウマゴヤシの方が葉や茎など全体的に毛が多いのでそこで判別できます。

コメツブツメクサのデータ

コメツブツメクサの花

コメツブツメクサの花

群生するコメツブツメクサ

群生するコメツブツメクサ

花の名前  コメツブツメクサ
何科?  マメ科
原産地  ヨーロッパ、西アジア
開花時期  4月~7月
備考 コメツブウマゴヤシと
間違われる。

というわけで春から夏の花「コメツブツメクサ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です