ワイルドストロベリー – 春と秋、畑脇などに自生する野生のイチゴ

ワイルドストロベリーの花

春や秋に畑の脇などに自生し、白い花を咲かせているどう見てもイチゴの花。野生のイチゴということでまんま「ワイルドストロベリー」という名前の野草です。

花は夏を除き春と秋に開花し、果実は春と秋に収穫することが出来て食べられます。

果実は販売されているイチゴによく似た形をしていますが、ヘビイチゴのように表面につぶつぶがたくさんあります。ヘビイチゴとは果実の大きさが違うのであまり間違うことはありません。

ワイルドストロベリーは園芸用としてもOKですが、庭植えをすると他の植物を駆逐しかねないので鉢植えの方が良いかもしれません。

ワイルドストロベリーのデータ

ワイルドストロベリーの花

ワイルドストロベリーの花

ワイルドストロベリーの果実

ワイルドストロベリーの果実

花の名前  ワイルドストロベリー
何科?  バラ科
原産地 欧州、西アジア、北米
開花時期 3月~6月 と 9月~10月

春と秋に花をつけ、食用OKな実もつける「ワイルドストロベリー」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です