ハルジオン – 春に白い花を咲かせる通称びんぼうぐさ。ヒメジョオンと間違えられる

ハルジオン(春紫苑)

子どもの頃「びんぼうぐさ」って呼んでいた、春になると咲く白い花「ハルジオン」。野原や空き地など雑草の生えるところならどこでもいたるところで見られます。

ハルジオンは、そっくりな夏・秋の花「ヒメジョオン」と間違えられます。開花時期がヒメジョオンと若干かぶることもあるので余計混同されています。

ヒメジョオンとの簡単な見分け方としては、ハルジオンの花は若干ピンク色をふくんだ糸みたいに細い花びらをしています。またハルジオンのほうが少ない花の付き方です。4月~5月であれば十中八九ハルジオンです。

名前の由来は、秋に咲く「シオン(紫苑)」という花があるのですが、それ似ていて春に咲くシオンみたいな花・・・「ハルジオン(春紫苑)」です。

なんで通称が「びんぼうぐさ」かは諸説あるようなのでここでは掲載いたしません。興味をもたれた方は検索でググってみてください。

ハルジオンのデータ

ハルジオン(春紫苑)

ハルジオン(春紫苑)

ハルジオン(引き)

ハルジオン(引き)

花の名前  ハルジオン(春紫苑)
何科?  キク科
原産地  北米
開花時期  4月~5月(若干6月)
備考  通称:びんぼうぐさ

というわけで春の花「ハルジオン」を紹介いたしました。夏秋の花「ヒメジョオン」と間違わないようにしてくだいね!

撮影カメラ:EOS Kiss X シリーズ(X2)

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です