シャガ – エンブレムまたは蝶のような薄紫の花を咲かせる春の花

シャガの花

先日公園を歩いていたらエンブレムにも見えるし、飛んでいる蝶々のようにも見える・・・そんなインパクトが強い花が咲いていました。葉の形状がアヤメっぽいのでそれ系かな? と調べてみることに。

その花は「シャガ」という名前で、やっぱりアヤメの仲間でした。ぼくは、この時この花を初めて見ました。

シャガは、かなり古くから日本に入ってきた帰化植物らしく、別名「胡蝶花」と言い、やはり蝶が飛んでいるような見た目からそういう名前がついたそう。かなりインパクトがある花だと思います。

観賞用として栽培したい場合には、種ができないらしいので、株分けすることで増やすことができるそうです。染井吉野みたいですね。

シャガのデータ

シャガの花

シャガの花

絶賛群生中のシャガ

絶賛群生中のシャガ

花の名前  シャガ
何科?  アヤメ科
原産地  中国
開花時期  4月~5月
備考  別名「胡蝶花」

今回は、エンブレムにも見えるし、飛んでいる蝶々のようにも見える「シャガ」でした。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です