キュウリの花 – 春に黄色い花を咲かせるサラダでお馴染みの夏野菜

キュウリの花

4月半ばくらいから5月いっぱいくらいでしょうか、大きな葉っぱとツルの間から黄色い花を咲かせるみんな大好き夏野菜「キュウリ」。

とても身近なキュウリなのに花の色は意外と知らなかったりしませんか?

キュウリの原産国はインドのヒマラヤの方といわれ、歴史は古く3000年以上前から栽培されていた記録があるそうです。その後シルクロードづたいに中国へ流入し、日本へは900年代に渡来してきたようです。

キュウリは温暖な気候を好むつる性植物なので、旬は夏ということになります。

花が終わるとすでに萼の部分がキュウリとわかるくらいに変化しています。実は夏いっぱい収穫することができます。

キュウリのデータ

晩春に花が終わり実をつけるキュウリ

花が終わり実をつけだす

美味しく育てよ!キュウリさん

美味しくなーれっ!

花の名前  キュウリ
何科?  ウリ科
原産地  インド
開花時期  4月~5月
備考  漢字表記:胡瓜

というわけで春に黄色い花を咲かせる夏野菜の代表格「キュウリ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です