キュウリグサ – 春、足元に咲く花びら5枚で空色のとても小さな花

キュウリグサ

田んぼのあぜ道を散歩していたら見つけた花。足元にたくさん咲いています。普段忙しくしていると気づくことはできない・・・そのくらい小さい青い花。

その花の名前は「キュウリグサ」。

葉をもんで匂いをかぐとキュウリの香りがすることからキュウリグサという名前になったそうです。野原や空き地、道端に畑地などでよく見られます。

春先から咲き始めますが、花は小さく注意して足元をみないと見過ごしてしまいます。淡い藍色の花はとても可愛らしく春がよく似合います。

よく似た仲間にハナイバナがあり間違えやすいです。因みにハナイバナはキュウリの匂いはしません。

キュウリグサのデータ

キュウリグサ

空色のキュウリグサの花

キュウリグサ(遠)

キュウリグサ(遠)

花の名前  キュウリグサ
何科?  ムラサキ科
分布  日本全土
開花時期  3月~5月

春、足元にある空色をぜひ探してみてください。

今回は「キュウリグサ」を紹介しました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です