モッコウバラ – 春、庭先で可愛い白や黄色い花を低木に咲かせるバラ

モッコウバラ(八重咲き)

春になると庭先などで小さくて黄色い花を咲かせている可愛いバラを見かけることがあります。結構しっかりした低木に沢山の花が咲いていて「バラなの?違うの?」。

調べてみるとこの花の名前は「モッコウバラ」でした。

モッコウバラの花の色は白と黄色があり、香りがあるのは白、黄色には香りがないそうです。花は一重咲きと八重咲きとがあります。

モッコウバラを知っている人にこの花の名前を尋ねると、知っている人間の頭のなかには「八重咲きのモッコウバラ」が浮かぶそうで、一般的に「モッコウバラ」といえば八重咲きがスタンダードなんだとか。

江戸時代に日本に入ってきて、現在でも変わらず観賞用として愛されているバラです。

モッコウバラのデータ

モッコウバラ(八重咲き)

モッコウバラ(八重咲き)

モッコウバラ(引き)

モッコウバラ(引き)

花の名前  モッコウバラ
何科?  バラ科
原産地  中国
開花時期  4月~5月
備考  一重咲きと八重咲きとがある
色は薫りがある白、薫りなしの黄色

今回は、春、庭先で可愛い白や黄色い花を低木に咲かせる「モッコウバラ」でした。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です