ワスレナグサ – 春に小さい可愛い青い花を咲かせる園芸用花

ワスレナグサ

新年度になると花屋や庭などに小さい青紫の花が咲きます。5月14日の誕生花で、花言葉は「私を忘れないで」・・・そう今回紹介する花は「ワスレナグサ」です。

忘れな草を観ていると、ぼくの頭の中で尾崎豊の「Forget me not」が流れます。

…ま~ちにうもれそ~なちいぃ~さな わすれ~なぐさぁ~♫…

ワスレナグサは、明治時代に園芸用として輸入されたのが日本へ入った最初といわれています。現在でも住宅の庭などでよく見かけます。

花は小さくて、人によっては紫色に見えたり、青色に見えたりのとても可愛らしい花を、花壇やプランターいっぱいに咲かせて楽しませてくれます。

白やピンクの花を咲かせる個体もあるようです。

ワスレナグサのデータ

ワスレナグサ

ワスレナグサの花(引き)

ワスレナグサの花(アップ)

ワスレナグサの花(アップ)

花の名前  ワスレナグサ(勿忘草)
何科?  ムラサキ科
原産地  ヨーロッパ、西アジアなど
開花時期  4月~5月
備考  白やピンクの花を咲かせる個体もある

可憐で目をひく観賞用としてとても人気がある園芸花「ワスレナグサ」の紹介でした。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です