ホトケノザ – 春に薄紫やピンクの細長い筒状の花を咲かせる野草

ホトケノザ - 春の野草

春になると畑や空き地、野原などに生えてくる花「ホトケノザ」。

群生して沢山咲くので見つけやすい。ヒメオドリコソウと似ているため間違われやすい。また、キク科のコオニタビラコという花が別名ホトケノザなのでそれとも間違われやすいという・・・結構かわいそうなやつです。

暖かい地域では冬の間もちらほら咲いています。北海道には分布していません。ぼくの住む地域では春にしかみられませんので春の花カテゴリとします。

こちらは「シソ科のホトケノザ」。似たヤツおおすぎでしょ!

ホトケノザのデータ

ホトケノザ - 春の野草

花の名前  ホトケノザ
何科?  シソ科
原産地  日本
開花時期  3月~5月(土地によっては10月)
備考  見た目でヒメオドリコソウに間違われる

今回は春の野草「ホトケノザ」を紹介いたしました。

画像を無断で引用・転載・複製利用するのはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です